2020/03/08

ニコリ170号

https://www.nikoli.co.jp/ja/publication/various/nikoli/

もう40年ということですが,他に40年続いている雑誌はということで挙げられたのが「ラジオライフ」「Popteen」「Number」などということで,途中ペースは何回か変わったけどよく続きましたね。

ということで今号から4号続きの懸賞がありますので要注意。

なつかしの「ボックス」が掲載されているのも味わい深いですね。

2020/02/19

数独通信Vol.38

https://www.nikoli.co.jp/ja/publication/number/sudoku_communication/

現在懸賞を解いた後63番まで来ていますが,Mediumあたりがちょうどいい悩みどころかなという感じです。Hardになるとなかなか進まないですからね。個人的には11番や52番などエリアで数字が確定するパターンが好きですね。

2020/02/09

FQUIZ 29周年オフ 2日目

最初の企画は予選は漢字抜け文の形式で政令指定都市の区名を答えるものですが,これは勢いで埋める感じ。結局京都市大阪市あたりを手がかりにしていけばなんとかですね。ということで,予選を抜けて決勝は早押しでしたがそこそこで終了。

そして大型企画・FQUIZダービーは様々な予選を経て決勝8名が最後に早押しをするというものですが,まず最初の予選・2○1×で奇跡の1抜けをしてかなり有利に。

次の2Rは正解なら2,2,3,4,6,8のカードから1枚引いて,数字をすべて使って四則演算で48ができれば勝ち抜けという企画。運がよければ2問で勝ち抜け...だったのですが,3→2→6と抜けられない組み合わせを引いてしまいここで問題が尽き5着,7R(準々決勝相当)へ。

7Rは1問正解でアフリカの国を選び,国旗の色7色(適当に丸めています)の数をかけて1000になったら勝ち抜け(最初は7色とも1からスタート)。ここでもかなり波長が合って先攻はしたものの,徐々にまくられ1着は逃し,2着で9R(準決勝相当)。

9Rは過去私も経験した「言わせてマイナンバー」6人で早押し,2問正解で21個の数字の中から他の5人が1つずつ数字を言って,あらかじめ自分が選んだ数字2つが言われたら勝ち抜けの企画。ということは2問でも勝てるし,一方8問でも勝てないこともあるのでチャンスでしたが,私は1問正解しかできず論外でした。

ここで会場をあとに。次はこちら側が主催の関西です。がんばっていきましょう。

2020/02/08

FQUIZ 29周年オフ初日

本日はこちら。朝早く起きてさいたまへ。いつもの会場とは違うもののスムーズに到着。

最初の企画は11時開始予定…でしたがやはり初めての会場ということで勝手が違うため,準備に手間取り11:30スタートでした。

最初の企画を行ったのは私の「RTテレパ」。これはニコリに昔掲載された「テレパシー」というゲームのアレンジで,基本的には「○○といえば?」のお題に回答し,参加者全員の中で2人だけが一致すれば高得点,1人だけのとがった回答や多すぎるメジャーな回答はNGという企画。シンプルですが楽しんでいただけるものです。結構2人だけが出て,?な回答も出て盛り上がって時間も巻いて(これはボードに書いてもらったのが大きかった)終了。

「FQUIZ2020グランプリ」は予選ラウンドのボード的な企画でポイントを稼ぎ上位16人が準決勝→上位8人が決勝のスタイル。ここでは準決勝進出はぎりぎりで通過し,準決勝の1問目
「MLBのチームの中で最も日本人選手が多いのは?」
に単独正解でき一気に決勝に近づいた…ものの他がわからずでした。

「ぱくりーぐ」は「ネプリーグ」を模した企画でしたが,ファイブリーグとアンケートバルーンは無難にいけたもののファイブボンバーで自滅してしまいました...

「近似値グランプリLIVE」の近似値問題はさっぱり波長が合わず見事最下位^^;

「クイズ北関東」は北関東に絡んだ問題ということで不利…という以前の問題で,さっぱり答えられず終了でした。

まあでも押せてないわけではないので,明日も頑張りましょう。

2020/01/12

FQUIZ関西オープン

無事すべて終わりました。

参加者が8名とやや少なめではありましたが,その分たっぷり楽しんでいただけたと思ってます。

パズルはほぼちょうどのバランスだったかな?得意な人も全部までは解けず,全くダメな人もおらずの感じだったかと。

クイズも答えてもらう,笑いを取る等もOKでしたし,決勝が久々に大接戦の展開になり面白かったですね。結果的に2人が同点優勝の結末になりました。

懇親会でもお初の方もいらして,非常に満足されていたかと。

次回は7月の予定ですが祝日が動いている関係で未定です。またお越しください。

2020/01/10

パズル・ザ・ジャイアントvol.33


今年もこの季節になりました。ぱっと見ではよみどおり・ザ・ジャイアントが素晴らしいですね。こういう言葉系のパズルを作る才能があまりないのでうらやましいです。あとスラロームの1と2が全く趣向が違いますね。じっくり解きたいですが。

2019/12/29

パズル作成中

例年になく遅いのですが,FQUIZ関西オープンの問題はすいません,まだ作ってます^^; なので種類がまだ公表できません^^;

この休み中しかチャンスはないので。。

パズルはアイデアが勝負なので(一応お題もあるが),もう少し考えましょう。

2019/12/11

ニコリ169号

https://www.nikoli.co.jp/ja/publication/various/nikoli/

ということでまず表紙がいきなりギミックですが。

今回掲載があります。問題じゃないですが^^; だいたい応募はがきに書くのは短文なのですが,無題7連発に久々に載りました。

あと懸賞パズル2,ちゃんと問題見つけてね :-)

2019/11/29

FQUIZ関西オープン まもなく募集開始

https://kokucheese.com/event/index/572839/

ということで12月1日より参加者募集を開始します。今回もいろいろな企画で皆さんをお待ちしていますよ。

パズルは今から作るので(汗 種目予告は少々お待ちを。。。

2019/11/13

QUIZ JAPAN vol.11

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

QUIZ JAPAN vol.11 (11) [ セブンデイズウォー ]
価格:2640円(税込、送料無料) (2019/11/13時点)


*アイドル雑誌ではありません 字が詰まっている上にどんどんページが増えていきますが,それだけ読み甲斐がある本になってきました。東大王と99人の壁が大好きな人はもちろん,ネット上のQuizKnockなどの動きも押さえられているのでクイズをやる人は必読本です。

より以前の記事一覧

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ