2018/10/07

ビクターロック祭り大阪×MBS音祭2018

本日は久々に大阪城ホールに。出演アーティストがバラエティに富みすぎ^^;
まずはセットリスト

(オープニングアクト:ADAM at)
Dining of D
MONOLITH(一瞬北の国から)
六三四

(THE BACK HORN)

夢の花
美しい名前
コバルトブルー

(さだまさし)
精霊流し
きみのとなりに(w/ナオト・インティライミ)
あの素晴しい愛をもう一度(ナオト・インティライミ)
北の国から-遙かなる大地より
関白宣言(一瞬だけ)~関白失脚
おんまつり
風に立つライオン

(家入レオ)
純情
恋のはじまり
もし君を許せたら
君がくれた夏
Shine
サブリナ
僕たちの未来
Say Goodbye

(四星球)
運動会やりたい
クラーク博士と僕
Mr.Cosmo

(坂本真綾)
プラチナ
DOWN TOWN
奇跡の海
逆光
Be mine!
ハロー、ハロー
光あれ
Clear

(薬師丸ひろ子)
時代

ここからの夜明け
探偵物語
セーラー服と機関銃
アナタノコトバ
Woman "Wの悲劇"より

さださんは安定運転ですが,ナオト・インティライミさんとのアルバム発売後初の2人での歌。しかもナオトさんはこのあと自分のライブが名古屋であるという^^;でも素晴らしいですね。また「関白失脚」がよくウケてました。最後「風に立つライオン」もいいですね。
幕間にグルメ紹介のコーナーが有りましたが,さださんは豊中と梅田にある「香樹」のスープカレーがおすすめとのことでした。

家入レオさんもずっと見たかったのですが,素晴らしいですね。鈴木愛理さんと同級生ということもあり,今後追いかけたい人です。
薬師丸ひろ子さんも全く昔と変わらず恐るべし。
あとADAM at,これなかなかいい音楽です。

2018/09/25

永井真理子さん

ためていた録画を見ていたらBS11「Anison Days」に出ていた永井真理子さんを発見(もうだいぶ前ですが)。
キーはだいぶ下がりましたが風貌は変わりませんね。音楽活動も10年ぶりに復活しているとのことですが,見れるものなら。。。

2018/09/17

OB演奏会企画スタート

予約時から時間があって昨日はOBが多く集まって現役生との交流会。ということで,終わったあとは自然と企画を考えようとなるのですが,そう簡単ではないのがこの企画。前回結構出し切ってしまったので,昨日は全く浮かびませんでした。しばらく考えますか…

2018/09/01

来年の演奏会

今日は予約に奔走しましたが確定。
来年9/22に演奏会が確定しました。場所はライティホールです。頑張りましょう。。

2018/08/28

ラプソディ・イン・ブルー〜オスカー・レヴァントの素晴らしき生涯


東京にいるときに衝動買いしてしまいましたが送付先を京都に変更して先日ようやく届きました。実際はタワーレコードでクーポン等使ったのでもう少し安く済みましたが。 8枚全部を聴いたわけではありませんが,ラプソディ・イン・ブルーだけでもいいなあと思う今日このごろ。しばらく聴き込んでいけるCDかと。

2018/08/14

岩崎宏美「PRESENT for you * for me」


公式には明日発売ですがフラゲ。オリジナルアルバムを出し続けられるのも素晴らしいですが,様々な曲を歌いこなせしかも自分の曲にするというのは相変わらずすごいですね。特にCoccoさんの「つめたい火傷」,なかなか。

2018/08/12

森口博子ライブツアー2018~おかげSummer・おつかれSummer!!~

昨日もう1つはこちらに。ただまだツアーは続いているので,セットリストはもう少し先にしますが,席が8列目どセンターという素晴らしい位置。段差もあってきちんと足元まで見える場所でしたし,そこそこの大きさのホールで満足度高い公演でした。
トークでは前の日の水木一郎さんの50周年,自分も50歳(!!)などなど相変わらずのトークでこれも文句なし。もちろん歌の素晴らしさは言うまでもありません。

セットリスト
1.視線
2.でっかいことをやろう
3.生命の声
(Anison Daysコーナー)
4.はじめてのチュウ(ジャズアレンジ)
5.19才(スガシカオ)
(レコチョク歌謡曲/演歌部門歌手別ランキング1位記念 ランキングメドレー)
6.リンゴ追分(美空ひばり)~ギャランドゥ(西城秀樹)~勝手にしやがれ(沢田研二)~Woman"Wの悲劇"より(薬師丸ひろ子)~津軽海峡冬景色(石川さゆり)~DESIRE(中森明菜)~ダンシング・ヒーロー(荻野目洋子)~時の流れに身をまかせ(テレサ・テン)~夏の扉(松田聖子) *司会黒柳徹子のモノマネを交えて
(ガンダムコーナー)
7.水の星へ愛をこめて
8.ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~
(後半盛り上げ)
9.JUNGLE NITE
10.恋はタヒチでアレアレア!
11.夢がMORI MORI
12.ホイッスル
(アンコール)
13.胸がときめくバラード
14.鳥籠の少年

今回昔のアルバム曲も出てくるは,メドレーは凝ってる(観衆の反応もオリジナル曲より凄いと苦笑してましたが)は。アンコール冒頭の「胸がときめくバラード」大好きなんですよね。バラードからアップテンポまで今でもこなせるのがさすが。今の若い歌手の皆さんもここまでできるほどでいてほしいですね。

2018/07/04

Reborn~生まれたてのさだまさし~

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Reborn 〜生まれたてのさだまさし〜 [ さだまさし ]
価格:3399円(税込、送料無料) (2018/7/4時点)


発売日に届きましたが,まず1曲めが衝撃作wファミマ入店音からのスタート。そのあともナオト・インティライミの曲やレキシの曲など様々な「生まれたて」が聞けます。ぜひおすすめ!

2018/06/17

T-SQUARE CONCERT TOUR

公式
昨日はこちらに伺いました。もう40周年ですか…こちらも息が長いですね。私自身は「TRUTH」ぐらいしかちゃんと知らないのですが,やはり職人芸ですね。そして今回はトロンボーンも入ってまた音の幅が広がっているのがいいですね。気持ちいい音楽として楽しめました。

2018/06/13

萩田光雄さん

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒット曲の料理人 編曲家・萩田光雄の時代 [ 萩田光雄 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/6/13時点)


先日出たこちらの本。たぶん萩田光雄さんを本格的に取り上げた本は初めてかな? 筒美京平さんなどもすごいですが,この人は膨大な編曲をして間違いなく歌謡曲およびその後に影響を与えた人です。 有名なところでは「異邦人」(久保田早紀),「秋桜」(山口百恵),「思い出がいっぱい」(H2O)など。これらいずれも素晴らしいイントロですが,すべて萩田さんの作ったメロディです。 本の中で川口真さん,船山基紀さんとの対談も収録されていますが,アレンジャーはみんな独学なんですね(基本的な音楽理論は別として)。教科書のないのがアレンジなんでしょう。歌をじゃましない,けど印象的なアレンジは,ずっと残るでしょうね。

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ