2018/07/04

Reborn~生まれたてのさだまさし~

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Reborn 〜生まれたてのさだまさし〜 [ さだまさし ]
価格:3399円(税込、送料無料) (2018/7/4時点)


発売日に届きましたが,まず1曲めが衝撃作wファミマ入店音からのスタート。そのあともナオト・インティライミの曲やレキシの曲など様々な「生まれたて」が聞けます。ぜひおすすめ!

2018/06/17

T-SQUARE CONCERT TOUR

公式
昨日はこちらに伺いました。もう40周年ですか…こちらも息が長いですね。私自身は「TRUTH」ぐらいしかちゃんと知らないのですが,やはり職人芸ですね。そして今回はトロンボーンも入ってまた音の幅が広がっているのがいいですね。気持ちいい音楽として楽しめました。

2018/06/13

萩田光雄さん

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒット曲の料理人 編曲家・萩田光雄の時代 [ 萩田光雄 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/6/13時点)


先日出たこちらの本。たぶん萩田光雄さんを本格的に取り上げた本は初めてかな? 筒美京平さんなどもすごいですが,この人は膨大な編曲をして間違いなく歌謡曲およびその後に影響を与えた人です。 有名なところでは「異邦人」(久保田早紀),「秋桜」(山口百恵),「思い出がいっぱい」(H2O)など。これらいずれも素晴らしいイントロですが,すべて萩田さんの作ったメロディです。 本の中で川口真さん,船山基紀さんとの対談も収録されていますが,アレンジャーはみんな独学なんですね(基本的な音楽理論は別として)。教科書のないのがアレンジなんでしょう。歌をじゃましない,けど印象的なアレンジは,ずっと残るでしょうね。

2018/05/22

DA PUMP「U.S.A.」

Buzzfeedより
ハロプロファンの間で今話題なのはなぜかこれ。最近つんく♂作品(この曲はカバーなので作曲は違いますが)がハロプロからも減っている中,思わぬところからハロプロらしい曲が出てきたということで大人気。すでに本人たちにも伝わっているようですし,流れたファンたちがコールを入れたりして遊んでいるようで,面白くなってきましたね。

2018/05/20

CDジャーナル6月号

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CD Journal (ジャーナル) 2018年 06月号 [雑誌]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)


今月号は鈴木愛理さんが表紙!もちろん記事も大フィーチャーとなっていまして,今後しばらくいろいろ登場するようです。一般に知ってもらえることを祈ります。 他には珍しい船木結さん(アンジュルム/カントリー・ガールズ)の単独記事とか,斉藤由貴さんxハコイリ(ハート)ムスメの異色対談,萩原健一さんの記事など読み応えたっぷりです。

2018/05/13

花*花

公式
今日の東京への帰りでニッポン放送を聞いていたら,我那覇美奈のほっこりトークという番組に花*花が出演。
あれ,確か活動は止めたのではと思っていたのですが,2009年に再開していたのですね。
公開録音の模様でしたが,代表曲「あ~よかった」はだいぶ味も出ていい感じ。しゃべりももちろん達者(これは昔からのところも)でしたし。ライブツアーもあるとのことですが,行ってみてもいいかな…

2018/05/05

僕らのポプコンエイジ2018

本日はこちらに。一部出演者が異なるとはいえネタバレになってしまう部分もあるのですが…
神戸国際会館で席はなんと前から3列目。左端ではありましたが出演者の顔がはっきり見える場所で見るのはよかったですが,音はスピーカーど真ん前でちょい微妙。それでもそこまでひどくはなかったですし,性格上あまりうるさい音楽にはならないのでOKかな。

セットリストは以下の通り。
1.流恋情歌[チャゲ&飛鳥]/Chage&三浦和人
2.終章(エピローグ)/Chage
3.NとLの野球帽[チャゲ&飛鳥]/Chage
4.舞/相曽晴日
5.ロータスの岸辺/相曽晴日 ※ニューアルバム収録予定曲のため表記不明
6.サルビアの花[もとまろ]/スリーハンサムズ・相曽晴日・辛島美登里
7.雨は似合わない[NSP]/スリーハンサムズ
8.白い冬[ふきのとう]/スリーハンサムズ
9.セ・ラ・ヴィ(それが人生)なんて早すぎる/石川優子
10.シンデレラ サマー/石川優子
11.ふたりの愛ランド/石川優子とチャゲ
12.白いページの中に/柴田まゆみ
13.セプテンバー・バレンタイン[佐々木幸男]/柴田まゆみ・三浦和人
14.秋時雨[雅夢]/三浦和人
15.愛はかげろう[雅夢]/三浦和人
16.愛すること/辛島美登里
17.雨の日/辛島美登里
18.出発の歌[上條恒彦&六文銭]/全員

この中で強く残ったのは「白いページの中に」。柴田まゆみさんは当時もこの曲を出してすぐ引退しており,映像の印象はありません。しかし,当時同級生がこの曲をよく弾いており(中学生ではギター部でフォークギターを弾いていた)その印象が強かった。それをすごく思い出すとともに,この曲が作曲も編曲もめちゃよくできていることを改めて感じました。
もちろん「ふたりの愛ランド」はいつものように盛り上がり。石川優子さんは回を重ねるごとにほぼ当時の状況に戻ったような気がします。

2018/04/23

昭和歌謡職業作曲家ガイド

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

昭和歌謡職業作曲家ガイド [ 馬飼野元宏 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)


先日タワレコで見かけて悩んでいたのですが購入しました。歌謡曲の基礎となった中村八大さんから,最後は小室哲哉さんまで様々な作曲家のディスクガイド。バックグラウンドを知る意味でも,流れを知る意味でも楽しい本です。鈴木邦彦さんや林哲司さんなどのインタビューも掲載。譜面を使った解説もあり,この中ではキャンディーズの「春一番」の解説が印象深い(私も譜面に向き合ったことがあるので...)。テンポとか,珍しいユニゾンだとかが特徴的でしたね。

2018/03/31

第5回全日本マンドリン合奏コンクール

公式
本日はこちらにお邪魔しました。コンクールなんで私も多少評価しながらでしたが,だいたい合ってたかなと。
課題曲が結構大変で,そういう意味では実力がわかりやすくよかったかもですね。自由曲のほうはどこもいい味でした。
静岡東は何より楽しそうに合わせて弾いていたのが素晴らしかったですし,技術もしっかりでした。これこそザ・部活という感じ。一本調子ともいえますが,高校生ならこれでもいいでしょう。静岡中央はその面では味は出ていましたが,課題曲には合わなかったように思いました。
社会人は課題曲を弾くだけで大変だったかと…

第一生命ホールもいいホールですね。こういうホールがいくつかあるのが東京のいいところ。

2018/03/29

今週末は

変則的で日曜の夜から仕事なので楽しむのは土曜だけにする予定ですが,土曜は全日本マンドリン合奏コンクールに伺います。こちらに来てからはマンドリンは初めてですし,第一生命ホールはよさそうなホールですね。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ