« DIME3月号 | トップページ | 第6回FQUIZ関西オープン開催決定 »

2015/01/17

あの日から20年

いろいろ考えましたが今日はやっぱりこれを書くことにします。

20年前,私は前日から金沢にUNIXを教える仕事で出張していて,早朝揺れたなあ程度で普通に仕事をしていたので直接の体験をしていません。
昼休みにニュースを見たら大変なことになっていて,慌てて家に電話して家人の無事を確認して一安心したのですが,翌日入れ替わりに来ることになっていた先輩が来れなくなり,急きょ私はそのまま居座って予定にない研修を実施。翌日,金沢から米原を回って京都止まりになっていた新幹線で帰りました。
幸い家は積んでいたものが落ちたぐらいで大したことなかったのですが,その後は周囲は大変でした。湧源クラブの友人も1人亡くしました…

それから20年。神戸市民の4割は震災を知らない世代になり,一方まだ残っている復興住宅は急速に高齢化してコミュニティが続かないなど報じられています。日本は地震国ですから,いつどこで起こってもおかしくないのですが,備えと支援は続けたいですね。

« DIME3月号 | トップページ | 第6回FQUIZ関西オープン開催決定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23099/60989162

この記事へのトラックバック一覧です: あの日から20年:

« DIME3月号 | トップページ | 第6回FQUIZ関西オープン開催決定 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ