« ファシリテーションシンポジウム | トップページ | 将棋世界7月号 »

2014/06/01

ファシリテーションシンポジウム振り返り

・F力測定:今年の結果は比較的良かったように見えますが,測定するほうも大変なのがこういう人間力絡みの力だなあと。
・研究発表:もやもやもあるけど,実践して得ることが大きいことがわかったのは大きい。そして伝えることは今後の課題。それは技術も同じですが。あと私のように明確にファシリテーターの役割ではない人と,ファシリテーションを仕事にしている(例えば研修関連の部門)ではまたちょっと違うかな。

広島のこの地で開催出来たことはよかったかなと思います。来年は東京だそうなので,参加しようと思います。

« ファシリテーションシンポジウム | トップページ | 将棋世界7月号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23099/59742739

この記事へのトラックバック一覧です: ファシリテーションシンポジウム振り返り:

« ファシリテーションシンポジウム | トップページ | 将棋世界7月号 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ