« 四大陸選手権 | トップページ | ショートケーキ(劇場盤) »

2013/02/11

四大陸選手権続報

詳細です。

ペアフリー
Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS CAN
まとまっているが小粒。細かいところももう少し。
Wenting WANG / Yan ZHANG CHN
プログラム後半にジャンプ集中の意図はわかるが,あまりにも前半がつまらない。
Cheng PENG / Hao ZHANG CHN
7か月でここまで持ってくるのはさすが。しかしシンクロはまだまだ。
Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD
表現力はさすが。スピンが揃わないなどトップにはまだ遠い印象。
Felicia ZHANG / Nathan BARTHOLOMAY
わかりやすいプログラムで好き。ジャンプ転倒が残念。
Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR
個々の技術は高くキレもある。シンクロはまだだが怖い存在。
Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH
ほとんど完璧と思ったが,転倒が残念。

女子フリー
Lejeanne MARAIS RSA
スピンはなかなかいいけど,3回転するのが精一杯。
Crystal KIANG TPE
スピンの工夫はあるけど,流れのあるジャンプができないみたい。
Ami PAREKH IND
体はしなやかで面白い。最初のジャンプは高かったし。
Melinda WANG TPE
アクセル以外のジャンプが低く全滅。勢い今ひとつ。
Melissa BULANHAGUI PHI
もう一息で次の段階に。ご主人?との愛情は感じられる。
Brooklee HAN AUS
スピンがいいし姿勢もいい。あとはジャンプが安定すれば。
Chantelle KERRY AUS
上品さは素晴らしいが,スピードに欠けるのが難点。
Yeon Jun PARK KOR
キレはよさそうだったが,後半になると一気にスピードダウン。
Reyna HAMUI MEX
ジャンプはまずまずだが,他の要素はこれから。
Julianne SEGUIN CAN
明るいしさわやか。丁寧さや間がうまく作れれば面白い。
Zijun LI CHN
今回唯一のパーフェクト。スピンとステップがよくなればトップもある。
Kexin ZHANG CHN
スピンに入るところで足を捻ったかとヒヤッと。しかしうまくまとめた。
Agnes ZAWADZKI USA
前半好調だったのに,1つのミスで以下大崩れは残念。
Kaetlyn OSMOND CAN
3-3の失敗をあとに引きずった感じ。以降も力は見せたが。
Amelie LACOSTE CAN
最初のミスをうまく帳尻合わせるのはさすがだが,かつての勢いはなし。
Gracie GOLD USA
悪くはないけど固い。ジャンプに結び着かないのが残念。
村上佳菜子 JPN
3-1になったけどあとはまとめた。最後こけたのはご愛嬌。
Christina GAO USA
悪くはないが良い感じでもない。良さをもっと出してほしい。
浅田真央 JPN
回転不足もよくここまで来た。3-3を久しぶりに見ただけでも十分。
鈴木明子 JPN
完璧ではないけどやっとある程度で揃えられたので満足。

フリーダンス
Xiaoyang YU / Chen WANG CHN
大ミスはないけど整った感じがしない。ツイヅルは悪くないけど。
Pilar MAEKAWA / Leonardo MAEKAWA MEX
面白いプログラムだが難解でもある。力任せの印象。
Anna NAGORNYUK / Viktor KOVALENKO UZB
かっこいいプログラムだしキレは良いけど,ミスが残念。
ブリナ・オイ / 水谷太洋 JPN
シンクロは悪くなかったが,転倒するようではまだ滑りが不足か。
Danielle OBRIEN / Gregory MERRIMAN AUS
良くも悪くもダンスの感じがしない独創的なプログラム。
Nicole ORFORD / Thomas WILLIAMS CAN
こちらはダンスらしいダンス。ツイヅルやステップの細やかさが欲しい。
キャシー・リード / クリス・リード JPN
途中までは120%の出来と思ったが,転倒してしまい残念。
平井絵己 / マリオン・デ・ラ・アソンション JPN
こちらもよく頑張ったが,よろけるなどまだ鍛えがいがありそう。
Meryl DAVIS / Charlie WHITE USA
今まで見た中で一番! ドラマティックさ,スピード,パッションとも◎。
Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN
途中まさかのストップ!で場内騒然。しかし前半後半とも問題なし。
Piper GILLES / Paul POIRIER CAN
アクロバティックな演技は面白いが,細かく見ればよろけるなど課題。
Madison CHOCK / Evan BATES USA
非常にうまいペア。しかし玄人受けかもという印象。
Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA
だいぶこなれてきて表現がついてきた。ただいかんせんわかりにくさが残る。

« 四大陸選手権 | トップページ | ショートケーキ(劇場盤) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四大陸選手権続報:

« 四大陸選手権 | トップページ | ショートケーキ(劇場盤) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ