« 今週末は中国杯 | トップページ | 日本シリーズ:両極端な解説 »

2009/10/31

稲垣潤一「男と女2」感想


以前の日記に書いたとおり購入しています。
「クリスマスキャロルの頃には」(稲垣潤一・広瀬香美)ですが,これはちょっと…広瀬香美さんの独特の歌い方とメロディがマッチしていない気がするのと,稲垣潤一さん自体のキーが下がっているのでマイナス点かなと。
「雨」(稲垣潤一・森高千里)は非常にいいですね。想像通りに進んでいったのですが最後で意外な展開。
「フレンズ」(稲垣潤一・遊佐未森)は出だしから遊佐さんらしいアレンジでこれもなかなかいいです。
第1作に比べると,顔ぶれがおとなしくなった分,アレンジは力が入ったかなという気がします。

« 今週末は中国杯 | トップページ | 日本シリーズ:両極端な解説 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲垣潤一「男と女2」感想:

« 今週末は中国杯 | トップページ | 日本シリーズ:両極端な解説 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ