« やった!モー娘。久々に1位 | トップページ | 新型インフルエンザ関係 »

2009/05/20

「シリコンバレーから将棋を観る」翻訳プロジェクトが凄い

以前の日記に書いた本「シリコンバレーから将棋を観る」ですが,これを翻訳しようという動きがオープンソースとしてすさまじいスピードで進んでいます。流れをおさらいすると,
・4月20日に梅田さんが何語に翻訳してWebにアップするのも自由(許諾一切不要)と宣言
・4月25日に発売
・4月29日に英訳プロジェクトが立ち上がる→半日で最初のメンバー募集終了
・4月30日にフランス語訳プロジェクトも立ち上がる→こちらはさすがに数名でスタート
・英訳は超特急で進み,5月5日にとりあえずの翻訳終了,5月8日に一般公開(現在オープンソースで修正中)
・フランス語訳も「はじめに」は翻訳されフランス語圏のコミュニティに公開
・さらに英訳から刺激を受け,英語経由で他の言語に翻訳できないかを全世界に問いかけ,一部返事あり

うまくゴールデンウイークにあたったというのもありますが,すごいスピードで進むプロジェクトになりました。大企業に勤めてクローズドな世界にいるとなかなかこういうことはできないですが,刺激にはなりますね。擬似的にも社内で同じようなことができれば…とかは考えますけど。

« やった!モー娘。久々に1位 | トップページ | 新型インフルエンザ関係 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シリコンバレーから将棋を観る」翻訳プロジェクトが凄い:

« やった!モー娘。久々に1位 | トップページ | 新型インフルエンザ関係 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ