« 年の瀬に最後の企画会議 | トップページ | 麻雀格闘倶楽部3 »

2005/01/01

NHK紅白など

本年もよろしくお願いします。
ではさっそく昨年の紅白の感想ですが,今回一番おいしいのは氣志團と波田陽区でしょうか :-)
白組の初出場者や若手であまりアトラクションに使える人がいなかったんでしょうが,いろいろな場所で活躍したのが氣志團のメンバーでしたね。たこ焼屋や,鳥羽一郎の後ろなどおいしい。自らの歌ではペ・ヨンジュンに和田アキ子とぎりぎりの演出でした。
波田陽区の紅白斬りは素晴らしい(青木さやかは微妙)。非常に正しいネタでした。
---
レコード大賞は予定通り「Sign」。売り上げでいうと「瞳をとじて」のほうが多いはずですが…最優秀歌唱賞の夏川りみも妥当でしょう。
新人賞の大塚愛ですが,彼女は2003年9月デビューなので以前の基準だと新人とならないと思うのですが(以前は昨年10月21日以降のデビューが対象),いつから基準が変わったんでしょう?

« 年の瀬に最後の企画会議 | トップページ | 麻雀格闘倶楽部3 »

コメント

今年もよろしくお願いします

波田さんは予定と違うネタをしたらしいですよ。
リハーサルでも打ち合わせでも候補にすら挙がってなかったネタをしたという記事を見ました

コメントありがとうございます。記事は
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-041231-0023.html
波田陽区は年末年始出まくってますがネタ切れが心配。
視聴率は史上最低で,さて今後どうなるか。

昨年末は、いつ以来か覚えていない程久し振りに、レコ大と紅白を
よく見て(一部はラジオで聴いて)いました。
レコ大は特に取り上げるようなシーンは思い当たりませんが(大賞は楽曲に
与えられるといいつつ、「合わせて一本」と言えなくもないかも)、紅白では
さだまさしさんのパフォーマンスと前川清さんのバックコーラスへの
ゴスペラーズの起用が印象に残りました。特に後者は「紅白ならでは」の
感があります。

さだまさしさんの曲はフルサイズだと8分ぐらいあるのをかなり無理に詰めているので,ファンの間では微妙。しかし知らない人にはいい訴えかけになったでしょう(実は「僕らの音楽」とかで歌ってはいたのですが)。
前川清+ゴスペラーズは確かにこれぞ紅白ですね。ゴスペラーズ出演時には前振りで前川さんが応援していましたし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK紅白など:

« 年の瀬に最後の企画会議 | トップページ | 麻雀格闘倶楽部3 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ