« 予想はいいように裏切られる | トップページ | 「旅の窓口」は楽天に »

2004/08/18

五輪の捉え方

アメリカの五輪視聴者数はシドニーを下回る
スポーツ大国アメリカだから五輪も人気あるか,というとそうでもないんですよね。今回もメジャーリーグ選手は野球に出ないし,NBA選手も多くは不参加(テロの可能性でやめた人も多いが)。テニスはすぐUSオープンが開催されるし。
私も長野五輪のときはアメリカに住んでいましたので実感しましたが,プロ選手が出ないというほかに,テレビが独占放映権というのもよくないですね。五輪の結果映像も,終了後24時間以上たたないと他の局が使えないなどの条件があるので,他の局はほとんど取り上げない。独占している局は,広告を取るためプライムタイムに放送したがる(日本だと生中継があたりまえですがその文化がない)ので,時差がある国で開催されていると,結果はインターネットで見るほうが早くわかる。勢い,人気競技だけ集中的に放送になり単調になる(実際長野のときは,フィギュアスケートとアイスホッケーしかないのかという感じでした)。
ジャパン・プール方式でNHKと民放全部が協力するのはいかにも日本的ですが,いいところもあるという例だと思います。

« 予想はいいように裏切られる | トップページ | 「旅の窓口」は楽天に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪の捉え方:

« 予想はいいように裏切られる | トップページ | 「旅の窓口」は楽天に »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

リンク

無料ブログはココログ